冷え性と漢方薬

西洋医学的に「冷え症」という病名はなく、冷え性は疾病という位置づけではありません。手や足が冷たい、体全体が常に冷えているなど冷えを感じることが多く、
腹痛や下痢、生理痛、低血圧などが伴っているなどと患者が強く訴えた場合でも冷え性自体を治す薬はありませんから、自律神経の乱れが原因ではないかと精神安定剤を処方されたり、
痛みや下痢などに対して症状を緩和させるための薬が投薬されることがほとんどです。言うなれば対処療法として薬が投薬されるということです。

 

ですが、病気は陰陽のバランスが崩れている状態と考える漢方をはじめとする東洋医学では「冷え性」も体のバランスが崩れている状態、
もしくは冷え(東洋医学では「寒邪」といいます)が体に侵入するなど、不調を知らせるために痛みや症状が出ていると考えられています。
また、冷えは万病の原因であり要注意の症状とされており、冷え性を治すためには単に「冷え」だけを取り除くのではなく、
個々の体質や冷えになった原因を総合的に鑑み、体質そのものを改善するために漢方薬が処方されます。

 

漢方薬は一般的に病院などで処方される薬と違って副作用がないとされていますし、確かに薬害という意味での副作用はありません。
しかし、漢方薬とはいくつかの生薬からなるものなので、野菜やお肉、魚や果物など一般的なものを食べても「○○を食べて胃がもたれた」
「△△を食べると蕁麻疹ができてしまう」「□□を食べると便がゆるくなった(ゆるくなる)」などの症状が現れる人がいるのと同じで、
漢方薬や漢方薬に含まれている一部の生薬が体や体質に合わないこともあります。
ですから、漢方薬が病院や漢方薬局で出される時には、原因、症状、体質にあったものが処方されている訳ですが、
冷えに嬉しい効果をもたらすと言われている漢方薬が売られていることもあり、調合してもらうのではなく
市販の漢方薬を「冷え性改善に」と選ばれ、飲まれている方もいますよね。

 

もちろん、市販されているくらいですから、害がある訳ではありませんが、先に説明したように体質や症状にあったものを選ぶ必要があり、
体質にあった漢方薬を適量飲まなければ頭痛、腹痛、倦怠感、食欲がなくなるなどの症状があらわれることがあります。
これらの症状は、副作用ではなく、誤治による反応となりますが、効果がないばかりでなく、かえって冷えを悪化させてしまうこともありえますので、
自分の体質や症状をキチンと把握した上で選ぶか、医師、薬剤師に相談してみると良いでしょう。
冷え性のサプリメントを探すならこちらがおすすめ。⇒http://xn--r8j5lpd4czds72wiev.net/

 

冷え性に効く漢方薬

 

〜真武湯(しんぶとう)〜

 

真武湯の構成生薬は、ブクリョウ・シャクヤク・ショウキョウ・ビャクジュツ・ブシで身体全体が冷えている人、新陳代謝が低下し四肢や腹部が冷えている人、
腹痛や下痢を伴う冷え性の人に向いている漢方薬です。

 

 

〜苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)〜

 

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)の構成生薬は、カンキョウ・ブクリョウ・ビャクジュツ・カンゾウで腰や下肢が冷えていて痛い、怠いといった時に向いている漢方薬です。

 

 

〜当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)〜

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の構成生薬は、トウキ・ビャクシャク・ブクリョウ・ビャクジュツ・タクシャ・センキュウで、
四肢の冷えや月経不順・月経痛があるなど自律神経の乱れによる冷えや夕方になると足がはれぼったくむくみやすい人、冷えに加えめまいがあり疲れやすい、
下腹部に痛みがある人に向いている漢方薬です。

 

 

〜桃核承気湯(とうかくじょうきとう)〜

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の構成生薬は、トウニン・ダイオウ・ケイシ・カンゾウ・ボウショウで、自律神経の乱れによる冷え、とくに冷えのぼせの人に向いている漢方薬です。

 

 

〜桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)〜
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の構成生薬は、ケイシ・ブクリョウ・ボタンピ・トウニン・セキシャクで下肢が冷えている人や
冷え性に加え下腹部に痛みがある人、のぼせ、肩こりがある人に向いている漢方薬です。

 

 

〜当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)〜

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)の構成生薬は、トウキ・ケイシ・シャクヤク・サイシン・ゴシュユ・ショウキョウ・モクツウ・
タイソウ・カンゾウで末端神経が冷える、下腹部や下肢内側が冷える・痛みがあるという人に向いている漢方薬です。

 

 

〜五積散〜

 

五積散の構成生薬は、ソウジュツ、チンピ、トウキ、ハンゲ、ブクリョウ、カンゾウ、キキョウ、キジツ、ケイヒ、コウボク、シャクヤク、ショウキョウ、センキュウ、
タイソウ、ビャクシ、マオウでもともと冷え性ではないけれど冷えるとお腹や背中が痛くなる人に向いている漢方薬です。

 

 

 

〜温経湯〜

 

温経湯の構成生薬は、バクモンドウ、ハンゲ、トウキ、カンゾウ、ケイヒ、シャクヤク、センキュウ、ニンジン、ボタンピ、ゴシュユ、ショウキョウ、アキョウで
自律神経の乱れにより冷え症になった人、手足が冷える・痛みがあるという人、手足は火照っているのに他の部位に冷え性が見られるなど所謂隠れ冷え性の人に向いている漢方薬です。

 

この他にも、冷えに効くと言われる漢方薬は色々とありますが、体質や原因、症状にあったものを飲み続けることによって、冷えやすい体質そのものを改善できると言われています。
冷え性は、体質的問題を始め食生活、生活習慣、環境など様々な要因が複雑に絡み合って生じることが多く、一朝一夕で完治を望めるものではありませんが、
原因を取り除くとともに漢方薬を飲むことにより改善が図れる、冷えにくい体質に変えることができると言われていますので漢方薬を上手に取り入れていく、というのも良いかもしれませんね。

「冷えのぼせ」の症状と対策

「冷えのぼせ」の症状と対策

 

手足が冷えているのに首から上がのぼせているのが冷えのぼせの特徴と言われていますが、
「手足などは冷えているのに顔や頭は火照っている」「手や足、体は冷えていないのに頭だけがボーっとしている」
「首から上だけがのぼせ赤ら顔になる」「頭がボーッとして熱っぽく感じる」「疲れやすい」「集中力にかける」「イライラする」
「特に眼を酷使したわけでも目の病気があるわけでもないのに充血する」などといった様々な症状があります。

 

これは、体内の血液循環が悪く上半にのみ偏ってしまうことで起こる症状で、脳や心臓に負担をかけてしまっている状態です。
手足や体が冷えている場合は、「冷え」と自覚しやすいのですが、体に寒さ(冷え)を感じない場合は、「冷え」によるものではないと
勘違いしてしまいがちで、気づくのが遅れたり、「冷え」に気づかず温度調整が上手くいっていないだけ、とか
更年期障害かも?と思い込んでしまうことも珍しくありません。

 

確かに、冷えのぼせは、更年期という人に多く現れる症状でもあることから更年期障害と混合してしまう人も多いのですが、
更年期障害による火照りやのぼせと「冷えのぼせ」による火照りやのぼせは別問題と考えなくてはなりません。

 

ただ、血液循環が悪い、気の廻りが悪くなる背景には、自律神経が大きく左右していて
冷えのぼせの場合も、更年期の場合も大きく関与しているとは言えます。

 

では、冷えのぼせの場合、どういった対策をとっていけば良いかということになりますが、
暑いので冷やす、という方がいますが、首から上が熱く下半身が冷えているわけで単に温度調整が上手くいっていないだけではないので、
上着を脱いだり首や頭を冷やすだけではうまくいきません。冷やすのであれば同時に下半身も温めてあげることです。

 

首などを冷やし、下半身を同時に温める!これは冷えのぼせの一時的な対処法としては良いのですが、
食生活&日常生活を見直し入浴や運動により血液循環を高めることも大切になってきます。

 

例えば、外食やコンビニ弁当は控える、紅茶にしょうがを入れるなど体が温まる飲み物を飲む、体が冷える食材はなるべく控える、
ストレスを溜め込みすぎない、十分な睡眠時間を確保する、冷房の当たり過ぎに注意する、半身浴をする、ウォーキングやストレッチなど軽度な運動を取り入れる、
タバコやアルコールは控えるなど、自律神経を整えつつ、体を温め血液循環を良くしていくことが大切です。

 

ただし、食事に関しては、あくまでバランスが取れていることが大切です。
食べ物には、陰性の食べ物、中性の食べ物、陰性の食べ物と大きく3つに分けることができ、冷えの人は陰性の食べ物を控え
陽性の食べ物を食べましょう!とよく言われますね。
確かに、陽性の食べ物を積極的に食べるようにし陰性の食べ物を控えるようにしたほうが良いのですが、
だからといって、全く食べない、というのもバランスが悪くなってしまい冷え対策として効果的とは言えませんし、
栄養バランスが崩れてしまえば、冷えだけではなく健康にとってもよくありません。
陽性の食べ物を中心に、陰性の食べ物&中性の食べ物をバランスよく取り入れていくようにしましょう。

 

ちなみに、体を温めてくれる陽性の野菜といえば、寒い地方で採れるレンコン、しょうが、ねぎ、にんにく、ごぼうなど、
体を冷やす陰性の野菜は暖かい地方で採れるもの・夏に採れるものでトマトやきゅうり、レタス、もやしなどですが、
旬の野菜は栄養価が高いので、上手に取り入れて行きたいものですよね。

 

同じ陰性の野菜を食べるのであってもサラダなど生で食べるよりも、火を加えたほうが冷えのためには良いので
スープやお味噌汁、野菜炒めなどの具材として活用し上手に取り入れていくようにしたいものですね。

 

 

 

 

青汁と家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症をご存知でしょうか。高コレステロールはご存知の方はたくさんいると思います。しかし家族性高コレステロール血症はあまり聞き慣れないのではないでしょうか。
家族性高コレステロール血症とは、遺伝的要素の強い疾患です。家族の中に、同じタイプの高脂血症がいることから家族性高コレステロール血症と呼ばれています。
家族性高コレステロール血症は、高コレステロール症と同じように血液中のLDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールが多い状態のことです。この悪玉コレステロールが多いために、LDLコレステロール値が高くなるのです。コレステロール値が高いと、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を引き起こします。
対症の方法としては、薬も重要ですが普段の生活の中でも心掛けなくてはいけないことが多いでしょう。バランスの良い食生活や十分な睡眠と適度な運動をとりいれましょう。そして喫煙や飲酒など、身体に負担をかけるようなものは避けたほうがよいでしょう。
特に食生活の見直しは最も重要なことです。バランスのとれた1日3食が望ましいでしょう。また青汁も家族性高コレステロール血症に効果的です。食物繊維やビタミン類、ミネラル類、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。野菜を摂取しにくい人には特にオススメでしょう。また青汁は、家族性高コレステロール血症だけではなく、健康維持にも効果的です。1日1杯の青汁で、身体の中を元気にさせましょう。
高脂血症なら⇒高脂血症にお勧めのサプリメント〜最新人気ランキング〜

更新履歴